トップページ > 2013年運

【2013年、平成25年 五黄土星癸巳年の社会現象を干支・九星からの考察】

五行とは、木・火・土・金・水の五つであり、行は「行動」の意であります。
人生、自然の営む活発な作用、行動、力です。又そこに営まれる天地創造の変化作用を分類したものです。
十干(今年は葵(みずのと))は天を表し精神であり、十二支(今年は巳)は地を表し欲望であり、九星とは人々の行動を司る大気であります。この十干・十二支・九星に元づき、癸巳五黄土星年の意義を考察します。

<五黄土星の癸巳の意義は>

<癸の意義>

癸(みずのと)は五行(木・火・土・金・水)では水(陰水)の性格です。易象は坎。
◎ 物事をはかる・・・・癸は一揆に通じ、また「揆計・揆測」ということから、もの事をはかる意味があります。
はかるには基準や原則がなければならない。したがって則や道という意味にもなります。
故に癸は万事筋道をたてて物事を考え処理してゆく、それを誤ると混乱しあるいはご破算になる、という意味です。
今年は昨年までの諸問題を筋道たてて処理をするべき年ということです。

<巳の意義>

◎ 冬眠していた蛇が春になって地表に這い出す形です、故に今まで伏在していたものが頭をもたげて外に出て活動するという意味で従来の因習生活を終わらせると言う意味の文字です。

<五黄土星中宮>

2013年は中央五黄土星が廻座する定位盤となり、勢いの強い五黄土星の象意が表面波動として現れる歳となります。
五黄土星には土化作用が強く、文明と同じく栄えたものが最終的には土に返す腐敗作用なので、物事の栄枯盛衰があります。また天変地異があり天災・災害、台風、地震、暴力などを表わし、今年も地震や台風に注意が必要です。
また暴力は争いに通じ戦争に発展することが懸念され、日本でいえば韓国や中国との領土問題で関係が微妙になりつつあり、特に中国は実行支配をしようと強硬策にでる可能性が大きく話し合いでの解決が難しそうです。
六白の歳破は戦争にもつながるので、争い事、戦争の起こりやすい年となりそうです。
大手企業の倒産などにも注意です。
また六白が歳破は、車・飛行機など大きな乗り物を表わし、この凶星は飛行機など乗り物の事故に注意の年です。
飛行機以外では車、船舶の事故にも気をつけましょう。

≪癸巳の五黄の年≫

平成25年では、よきにつけ、悪しきにつけ今までと大きく流れが変わり始めいままで出たくても出れなかった多くの人たちが活躍できる準備が整い、外へ打って出る攻めの行動が大切ですし早めの対応がいいです。
しかし大きな投資はまだ不安材料がありますから、十分注意が必要です