トップページ > 2012年運 > 九月の運勢

【2012年9月 七赤金星 己酉の各九星運勢】

【一白水星】   (九紫同会 ・ 二黒被同会) 

 艮宮に入ります。今月の運気は先月に引き続き変化変動を求める気持ちが上昇し結構チャレンジ精神が強く好調です。ただ非常に拘りや理想が優先し、現実とのギャップがトラブルの種になりそうです。
 あまり自分の考えだけに固守してしまうと、対人関係損ねますから注意しましょう、引き際が肝心です。
 ある程度物事を大極的に見て行動し、地道な行動活動が将来の繁栄に繋がります。また身内や身近な人からの援助助けもあります、考え方に筋が通っていれば必ず周囲から認められます。
 
<生まれ年>

年支酉・・・言葉が過ぎてしまい易いです、つい口が滑ってなんて、口の災いに注意です。
年支午・・・月の後半の方が酉と同様に口の災いに注意しましょう。
年支子・・・勢いが強い分、強気の姿勢となり易いので冷静に物事を見るようにしましょう。
年支卯・・・冲の月です。親しい関係にある人とは特にトラブルにならないように注意してください。

【二黒土星】   (一白同会 ・ 三碧被同会)

 離宮に入ります。 先月に引き続き運気要注意です、いい面では今までのことが評価されます。
 しかし、悪い面で出ると、嘘や内緒事が周囲にばれたりし易いですから普段から注意してください。
 また何事も性急になり結果を早く求めてしまい勝ちです、焦ると良い結果が得られません。
 いつもの地道さを忘れずに。
 特に今月は健康を害し易いですから、夜遊び、夜更かなどの睡眠不足にならないように注意してください。
 
<生まれ年>

年支亥・・・表面よさそうに見えても手を抜かないように、安心しすぎてしまうと片手落ちになり易いです。
小火・事故・怪我などに注意です。
年支申・・・亥と同様の運気です先月活躍した干支はお疲れ気味fです安請け合いは注意です。
年支寅・・・今月は何事にも焦りが出ます、冷静に行動しましょう。
体調的に無理は禁物です。
年支巳・・・外見のよさに目を奪われないように、お金に目がくらまないように。
(損得での行動は控えましょう。)

【三碧木星】  (二黒同会 ・ 四緑被同会)

 坎宮入ります。 運気衰運です。今月は相談事や打ち明け話など持ち込まれ易いですが、普段通りの過ごし方であれば問題ありません。
 唯、情に流されやすく困り事など受けると親身になり過ぎてしまいます、あまり深入りしないようにしましょう。
 今月は特に情にほだされやすい時です。特に目下からの相談事は断りきれなくなりそうです。
 また夏バテに注意です、疲労から体調壊しやすくなっております。付き合いもほどほどにしましょう。
 (不倫や身体だけの関係になりそうです)
 
<生まれ年>

年支戌・・・何事も深入りするととことん付き合う羽目になりそうです。引き際が肝心です。
年支未・・・戌と同様な運気をもちます。気力不足の月です、深入り注意。
年支辰・・・出る食いは打たれる。良かれと思ってした事も最初良くても後々トラブルの種になりそうです注意しましょう。
年支丑・・・いいことも悪いことも表にでてしまいます。他人の打ち明け話は聞いたら口外しないように。

【四緑木星】   (三碧同会 ・ 五黄被同会)

 坤宮に入ります。先月の坎宮抜けてホットしたいところですが、今月は油断すると足を引っ張られるような目にあいそうです、他人から悪いことを言われたり(悪い噂・陰口)、予期せぬ通報など注意する運気です。
 「このくらいいいや」などと甘い考えは今月は駄目です、捨てましょう。
 常に見られてると思って行動しましょう。
 またおいしい話にも注意です、お金が絡むことなら今月は控えたほうが無難です。
 
<生まれ年>

年支酉・・・言葉が過ぎてしまい易いです、つい口が滑ってなんて、口の災いに注意です。
楽な考え方、甘い考え方(このくらい)が今月は不運の元です。
年支午・・・月の後半の方が酉と同様に口の災いに注意しましょう。
年支子・・・「策士、策に溺れる」です、強気の姿勢となり易いので冷静に物事を見るようにしましょう。
年支卯・・・冲の月です。親しい関係にある人とは特にトラブルにならないように注意してください。
特にトラブル、事故、怪我、旅先など遠方に行ったときは注意。

【五黄土星】   (四緑同会 ・ 六白被同会)  月破

 震宮に入ります。注意月です。何事も結果を焦ったり、物事を性急に進めると、トラブルや失敗の元です。
 手順を省いたり、姑息な手段を用いると、結果、成功に繋がりません。
 多少遠回りと思えることや、公的な申請などはきちんとしたほうが将来につながります。
 独身者には今月は恋愛運のアップとなりますが、見合いや紹介のほうが順調に行きます。紹介者へのお礼や感謝を省かないようにしましょう。 また恋愛であっても、親への挨拶などしっかりしましょう。
 
<生まれ年>

年支亥・・・表面よさそうに見えても手を抜かないように、安心しすぎてしまうと片手落ちになり易いです。
小火・事故・怪我などに注意です。一番注意が必要な干支です。
年支申・・・亥と同様の運気です先月活躍した干支はお疲れ気味fです安請け合いは注意です。
年支寅・・・今月は何事にも焦りが出ます、冷静に行動しましょう。
体調的に無理は禁物です。
年支巳・・・年支巳・・・・・外見のよさに目を奪われないように、お金に目がくらまないように。
 (損得での行動は控えましょう。)

【六白金星】   (五黄同会 ・ 七赤被同会)

 巽宮に入ります。表面的には穏やかそうな運気ですが、内面的な苦労がある月です。
 根も葉も亡悪い風評を立てられたり、名誉を傷つけられたりと、精神的な苦労が多い月です。
 相手の出方をみて行動しないと、つまらないことで振り回されやすいので対人関係には注意です。
 余計な一言に注意です。「採らぬ狸の皮算用」にならないように。勝負は勝ち逃げすること。
 
<生まれ年>

年支戌・・・何事も深入りするととことん付き合う羽目になりそうです。引き際が肝心です。
欲をかくと大損します。
年支未・・・戌と同様な運気をもちます。気力不足の月です、深入り注意。
年支辰・・・出る食いは打たれる。良かれと思ってした事も最初良くても後々トラブルの種になりそうです注意しましょう。お金のトラブルに注意(貸し借りしないこと)
年支丑・・・いいことも悪いことも表にでてしまいます。他人の打ち明け話は聞いたら口外しないように。
食べすぎ注意

【七赤金星】   (六白同会 ・ 八白被同会)

 中宮に入ります。今月は運気強いです、何事も満足するまで、とことんしないと気が治まらない気分です。
 ギャンブルであれば、しっかり勝つまで。 仕事であれば成果を見るまで、上司に認められるまで、自分が満足するまでと強気の姿勢が現れます。  欲を肥大しやすいです。
 今月は見栄を張らないように、高価なものがほしくなるときですが、等身大の自分を忘れないように、お金の使いすぎないようにしましょう。
 
<生まれ年>

年支酉・・・言葉が過ぎてしまい易いです、つい口が滑ってなんて、口の災いに注意です。
おだてられると、つい調子に乗ってしまいそう軽はずみな行動に注意。
年支午・・・月の後半の方が酉と同様に口の災いに注意しましょう。
年支子・・・勢いが強い分、強気の姿勢となり易いので冷静に物事を見るようにしましょう。
周囲の援助があります、素直に受けましょう。
年支卯・・・冲の月です。親しい関係にある人とは特にトラブルにならないように注意してください。
事故・怪我に注意(乗り物に注意)

【八白土星】   (七赤同会 ・ 九紫被同会)

   乾宮に入ります。表面よさそうに見えて波乱が内包されていますから、不用意に手を出すと最初よくても後々、金銭面で苦しくなります、特に今月よさそうな美味しい話には十分に注意です。
 また対人面でも、頭のよさそうな人や、目上のからの引き立てがありますが、それに甘えてると運が長続きしません、どこかで状況が変わってしまいます。常に自己責任を忘れない行動をしましょう。
 
<生まれ年>

年支亥・・・表面よさそうに見えても手を抜かないように、安心しすぎてしまうと片手落ちになり易いです。
小火・事故・怪我などに注意です。
年支申・・・亥と同様の運気です先月活躍した干支はお疲れ気味fです安請け合いは注意です。
年支寅・・・今月は何事にも焦りが出ます、冷静に行動しましょう。
体調的に無理は禁物です。
年支巳・・・外見のよさに目を奪われないように、お金に目がくらまないように。
 (損得での行動は控えましょう。)

【九紫火星】   (八白同会 ・ 一白被同会) 暗剣

   兌宮に入ります。今月の吉星が一斉に集まっていますが、悪い星も入っている為気が抜けません。
 何事も手を出したら、中途半端にせず、一揆に片付けるようにしましょう、時間をかけてだらだらすると状況が変わってしまいます、すばやく終わらせることが大切です。
 また安請け合いすると自分の首を絞めることになりかねません、特に身内からの話には注意しましょう。
 また今月は体調に注意、夏ばてしやすい月です。
 
<生まれ年>

年支戌・・・何事も深入りするととことん付き合う羽目になりそうです。引き際が肝心です。
年支未・・・戌と同様な運気をもちます。気力不足の月です、深入り注意。
年支辰・・・出る食いは打たれる。良かれと思ってした事も最初良くても後々トラブルの種になりそうです注意しましょう。
特に足元をすくわれそうな運気ですからいい話ほど注意です。
年支丑・・・いいことも悪いことも表にでてしまいます。他人の打ち明け話は聞いたら口外しないように。