トップページ > 2009年運 > 三碧木星

【三碧木星】

東北、艮宮に廻座し、同時に定位の東震宮には七赤に被同会されます。
 
昨年に引き続き七赤の作用が抜けきらず、遊びの誘いを受ける機会多くとじっとしていられません。
いまひとつ気持ちがしゃっきとしません、そのくせ何か変えなくてはとか、新しいことしなくてはと、焦りを感じる年なのですいろんな面で方針変更をしたいと思う年です。
去年遊びすぎてしまった人ほど、今年は仕事や勉強でブランクを埋めようとあれこれ考え策を講じようとするものです。
でも悪あがきは禁物まだスタートするときではありません、今年は足元を見直し健全な生活、仕事、無理を重ねてきた人はゆとりを持つ状態にするよう心掛けるときです。
逆に不遇の日々を過ごしてきた人は起死回生のチャンスの年となるります、一機には進みません気長に焦らず事を運ぶことです、交渉事などもなかなか進みません。
親類や知人の土地問題や相続にかんする相談事を受ける暗示もあります。
今年は健康上の妨害(飲みすぎ食べ過ぎ)があります、健康管理を十分してください。
 
(ポイント)
晴耕雨読は身体のため。
自信過剰は禁物。

<生まれ年>

年支戌・・・前半まだ力不足ですが、後半活動的になります。軽挙妄動し易くなりますので、慎重さを忘れずに。
意外と来年の準備期間となる年です。
年支丑・・・中宮です普段動きの遅い人でも今年は意外と活動的です、決断決心が早くいつもの慎重さが欠けます、何事も無理をしがちです自分のペースを忘れずに行動しましょう。
年支辰・・・やっと去年の凶星歳破から抜け出てほっと一息つけます。今年は自分の内面見つめ直したり、内側を変えていくチャンスです。また家族親族のかかわりが増えていく年です。
年支未・・・要注意です。事故よる怪我や、外から迷惑を被る、善意でしたことも悪意に取られがちです。
特に目上と関係には注意しましょう。