トップページ > 2009年運 > 一白水星

【一白水星】

西北、乾宮に廻座し、同時に定位の北坎宮には五黄に被同会されます。
 
昨年の中宮の勢いを保ちながら乾宮に入ります。去年構想や計画を立てた人はやる気充分ですから住居の新築・増改築や結婚。店舗の改修、支店を出すなど事業拡張、仕事は上司や周囲から認められ責任を背負わされるなど、活動的な年とみます。
大体、この宮に入ったときは忙しいときで、組織を編成したり会社を創設するのもこのような年回りのときで、しかも自分がその中心となって動かなければならないようになります。
しかし金運面からいうと、活動した割りにお金がついてこない、投資のほうが多く回収はもっと先になります。
充実しているのは精神面の方が多いでしょう。
また今年の被同会星五黄は破壊・慢心・家庭内トラブル・持病気・失業・廃業・八方塞がりなど苦労を示す暗示多く。
今年無理すると、自分で自分の首を絞める結果となりかねません。孤軍奮闘するより自分の限界を見極め周囲に協力を求めるようにしましょう。そのほうが上司や目上との関係にも好結果となります。
多忙ゆえ身体に無理しがちです体調管理をしっかりしましょう。
 
(ポイント)
ただ動くのみならず頭を使って効率は図る。(機をみるに敏であれ)
将来の利益と威信のための努力の年。

<生まれ年>

年支午・・・坎宮につきます。盗難・紛失に注意、古い病気など体調にも気をつけましょう、無理は禁物。
年支酉・・・巽宮につきます。迷い多く思い通りになかなか運びません新風を吹き込むごとく世代交代や外部人の力を借りるとか。何事も人に相談をしてから行動すると良いでしょう。
また巳酉丑の金局三合の年です五行金の勢いが盛んになり良くも悪くも運気が強くなります。
年支子・・・兌宮につきますが去年活躍した支は空亡と同様力を発揮できません。損して徳取れ位に考えること。
年支卯・・・兌宮につきます。今年の三合の旺の座で全ての中心となり活動的です。こつこつ地道に努力することで道が開けます。欲多くして返って損失を被ります。